So-net無料ブログ作成
検索選択

ユニットコム、日本橋活性化キャラ「音々ちゃん」のネットブック、音声も収録

写真拡大Neon PC 101IW-N2  ユニットコムは、アニメやゲームのキャラクターデザイナー、いとうのいぢさんがデザインしたキャラクター「音々ちゃん」をプリントしたネットブック「Neon PC 101IW-N2」を、3月21日から50台限定で発売する。パソコン工房本店、TWOTOP大阪日本橋店、Faith大阪日本橋店のみでの販売で、価格は4万9980円。 ユニットコムのプリントノートPCの第1弾として、昨年6月に即日完売した14インチノートPCの復刻版として発売。本体天板に、大阪・日本橋まちづくり振興株式会社が日本橋の活性化を目的に考案したキャラクター「音々ちゃん」を、ピンクを基調にプリントした。 購入特典として、声優の松岡由貴さんが担当した音々ちゃんの声のシステム音声を収録。例えばWindowsの終了時は「おやすみなさい」、Windowsのログオン時は「今日もはりきっていくで」、メール受信時は「メールがきたよ〜」などの音声を楽しむことができる。「お帰りなさい、ご主人様」などメイドバーションの音声データも特別収録した。デコレーションシールが付属する。 CPUはインテルのAtom N280を搭載。メモリは1GB、HDDは250GBで、ディスプレイには高解像度のWSVGA液晶を採用した。OSはWinodws7 Starter正規版で、IEEE802.11b/g対応の無線LANを標準装備する。【関連記事】売れ筋ランキング【ネットブック】ユニットコム、デュアルコアCPUとLED液晶を搭載したCULVノートPCユニットコム、秋田県秋田市に「パソコン工房」の新店舗をオープンユニットコム、15.4型フルHD液晶搭載ハイエンドノートPCユニットコム、解像度1920×1200など15.4型ワイド液晶ノートPC、2機種

泡盛出荷5年連続割れ 焼酎流入など要因

琉球泡盛の出荷量と製成数量の推移  県酒造組合連合会(佐久本武会長)は15日、2009年の泡盛出荷量を発表した。総出荷量は前年比3・7%減の2万3415キロリットルで5年連続の前年割れとなった。県内出荷は同3・0%減の1万9535キロリットル、県外出荷は同6・8%減の3880キロリットルだった。 県酒連は減少した理由について飲酒人口の減少や本土焼酎の県内流入などを挙げた。又吉良秀専務理事は「酒類業界は全体的に厳しく、泡盛も例に漏れない。特に県内出荷の減少は危惧(きぐ)している。早めに底打ち宣言ができるように取り組みたい」と語った。 回復に向け、県酒連は古酒を前面に打ち出すことや、飲み方などの情報発信、海外販路拡大などに取り組むと強調。佐久本会長は「消費者のニーズを踏まえた企画が大事だ」と述べた。 また、本年度中の着工が見送られた「古酒(くーす)の郷(さと)」について、又吉専務理事は「来年度に着工する。5月の総会で着工時期を発表したい」と語った。■関連ニュース神村酒造が第5回感謝祭県産食材加工 輸出へ 沖縄セントラル貿易が自貿入居古酒の郷遅延 産業振興に文化力生かそう「古酒の郷」着工延期 販売減で資金不足泡盛の炭酸割りを 久米島の久米仙が紹介

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。